平成30年度決算の入湯税の使途状況について

公開日 2019年11月12日

入湯税は目的税であり、以下の目的で使用するよう定められています。

 1.環境衛生施設の整備

 2.鉱泉源の保護管理施設

 3.消防施設等の整備

 4.観光施設の整備

 5.観光振興

 

平成30年度決算の使徒状況については、下記のとおりです。

入湯税の使徒状況(平成30年度決算[PDF:74.1KB]

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード