【ふるさと納税】年末年始の取扱いについて

公開日 2019年12月01日

ふるるん海陽町では、海陽町を応援してくださる皆様からのあたたかいきもちを「ふるさとづくり寄附金(ふるさと納税)」として募集しております。

海陽町ふるさと納税の年末年始の取扱いは次のとおりとなりますので、よろしくお願いいたします。

 

1 ふるさと納税の年末年始の取扱いについて

 

年末年始も寄附のお申し込みを受付けております。

ただし、令和元年12月31日までに入金確認ができたもののみ、令和元年分のご寄附として取り扱いいたします。
※令和元年12月31日までにお申込みいただいても、ご入金(決済)日時が令和2年1月1日以降となった場合は、令和元年分としての寄附受領証明書を発行することができませんのでご注意ください。
※年末に寄附のお申込みが集中しますので、お早めの手続きをお願いいたします。
※年内に郵便振替(郵便払込取扱票)をご希望の方は、12月20日までにお申し込みください。


※12月28日から1月5日まで閉庁いたします。閉庁期間中のお問合せ等につきましては、1月6日以降の対応となります。ご了承ください。

 

海陽町ふるさと納税で利用しているポータルサイト

 インターネットから、本町へふるさと納税のお申し込みができるサイトは以下のとおりです。(詐欺サイトにご注意ください。)

 ※海陽町役場ふるさと納税担当窓口に郵便やFAXで直接お申し込みいただくこともできます。

  寄附申込書[PDF:156KB]

 

【申込み先】

〒775-0295 徳島県海部郡海陽町大里字上中須128番地
海陽町役場 経営戦略課 ふるさと納税担当宛
  TEL 0884-73-4100  FAX 0884-73-4160

 

 

2 ワンストップ特例制度を利用される方へ

 

●令和元年12月21日~12月31日までの期間に寄附をお申込みいただいた方には、申請書をお送りすることができませんので、インターネットより申請書の様式をダウンロードしてご利用ください。
  55号の5 寄附金税額控除に係る申告特例申請書[PDF:120KB]
 
○寄附の翌年1月10日までに申請書及び添付書類の提出がない場合、ワンストップ特例の適用を受けることはできません。
 
○申請書の提出後に、申請書に記載した事項が変更になった場合は、「寄附金税額控除に係る申告特例申請事項変更届」の提出が必要です。
  55号の6 ワンストップ特例制度申請事項変更届出書[PDF:109KB]
 
【ワンストップ特例制度とは】
お住まいの市町村に対し、寄附控除申請を寄附者に代わって寄附受入先の自治体が行う特例制度です。
確定申告をされる場合、所得税と個人住民税から軽減を受けることになりますが、ワンストップ特例の場合は、所得税の軽減相当額を含め、個人住民税からまとめて軽減を受けることになります。
 
対象となる方
①確定申告を行う必要がない給与所得者等である方
②1年間(1月~12月)に行った寄附先が5ヶ所以下である方
 
手続方法
ワンストップ特例の申請時には、申請書に記入していただいた個人番号(マイナンバー)及び身元確認ができるものを併せてご送付ください。
①番号確認に必要な書類
  個人番号カード・通知カード・個人番号が記載された住民票のいずれかの書類の写し
②身元確認に必要な書類
  個人番号カード・運転免許証・パスポートのいずれかの書類の写し
  ※お持ちでない方は、官公署から発行・発給された書類その他これに類する書類であって、写真の表示等がなされ、氏名、生年月日または住所が確認できるもの


ワンストップ特例申請添付書類貼付台紙[PDF:361KB]


なお、郵送以外の申請は受付することができませんのでご注意ください。
 
【提出先】

〒775-0295 徳島県海部郡海陽町大里字上中須128番地
海陽町役場 経営戦略課 ふるさと納税担当宛

 ※提出期限:令和2年1月10日 必着

 

 

海陽町ふるさと納税のお問い合わせ先

海陽町役場経営戦略課 ふるさと納税担当

  TEL 0884-73-4100  FAX 0884-73-4160

  Emai furusato-tax@kaiyo-town.jp

 

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード