第26回参議院議員通常選挙のお知らせ

公開日 2022年06月21日

第26回参議院議員通常選挙が6月22日に公示され、7月10日(日)を投票日として執行されます。  

 

選挙は、私たちが政治に直接参加できる重要な機会です。

すべての有権者が選挙の重要性を認識し、正しいルールを守りながら貴重な一票を投じましょう。

 

新型コロナウィルス感染症対策について

新型コロナウィルス感染症対策

  投票所入り口等にアルコール消毒液を設置します。

  投票所係員はマスク着用を徹底します。

  定期的な換気や記載台等の消毒を行います。

 

みなさまへのお願い

  マスク着用にご協力をお願いします。

  咳エチケット、来場前後の手指消毒にご協力をお願いします。

  周りの方と距離を保つようにお願いします。

  投票日の前日土曜日は、期日前投票所が混雑する傾向にありますので、分散投票にご協力をお願いします。

 

選挙日程

 

公示日 令和4年6月22日(水)
投 票

投票日時

投票所

令和4年7月10日(日)午前7時から午後8時まで ※投票所により異なります。

町内26投票所 投票所一覧(ここをクリックしてください。)

開 票

開票日時

開票所

令和4年7月10日(日) 午後9時15分から ※即日開票

海陽町役場海南庁舎 3階大会議室

 

海陽町で投票できる方

 

平成16年7⽉11⽇以前に⽣まれた方で、令和4年3⽉21⽇までに本町に住⺠登録をし、引き続き3カ⽉以上町内に住んでいる方

(海陽町に住所を有する満年齢18歳以上の日本国民で住民基本台帳に引き続き3ヶ月以上記録されている方)

 

【海陽町へ転入した方】

令和4年3⽉22⽇以降に住⺠登録をした方は、前住所地で選挙⼈名簿に登録されていれば、前住所地で投票することができます。

 

【海陽町から転出した方】

海陽町の選挙⼈名簿に登録されている方が他の市町村へ転出した場合、新しい住所地の選挙⼈名簿に登録されるまでの間は、海陽町で投票できます。

 

【町内で転居した方】

令和4年6⽉9⽇(木)から7⽉8⽇(金)までの間に町内で転居した方は、転居前の旧住所地での投票となります。「選挙入場券」はがきでご確認ください。

 

 

投票所入場券

 

投票所入場券はハガキでの郵送を予定しております。投票の際に各投票所(期日前投票所を含む)へご持参ください。投票日の当日投票は、入場券に印字された投票所以外では投票できませんので、ご注意ください。

なお、入場券は選挙人に対し選挙があることをお知らせすることと、投票所で選挙人名簿の本人照合をスムーズに行うためのものです。

入場券がお手元にない場合(紛失、未配達等)でも、投票時に選挙権がある場合は、投票できますので投票所で係員にお申し出ください。

お手数ですが、マイナンバーカードや運転免許証等の本人確認ができるものをご持参いただきますと、円滑に受付ができます。

また、二重投票防止のため、投票所以外では入場券の再発行はしませんのでご了承ください。

 

期日前投票

 

投票日当日に仕事や旅行、冠婚葬祭等のため指定の投票所で投票することができないなどの正当な理由で投票に行けない方は、次のとおり期日前投票を行うことができます。

期日前投票に限り、下記3か所のご都合のよい投票所で投票ができます。(入場券をお持ちいただければ受付がスムーズにすみます。)

なお、入場券裏面が期日前投票の宣誓書となっており、あらかじめお名前、ご住所等をご記入のうえ期日前投票所にご持参いただくと、さらにスムーズです。

 

期 間 令和4年6月23日(木)から7月9日(土)まで
時 間 それぞれ 午前8時30分から午後8時まで
投票所

町役場海南庁舎 2階会議室(エレベーターをご利用ください。)

町役場海部庁舎 1階会議室

町役場宍喰庁舎 3階会議室(エレベーターをご利用ください。)

 

※ 新型コロナウイルス感染症対策のために広めの会議室にて期日前投票を行っております。

   エレベーターの利用が困難な方につきましては、1階にて期日前投票が可能な海部庁舎のご利用をご検討ください。

 

不在者投票

 

【名簿登録地以外(他市区町村)での不在者投票】

住民登録が海陽町にある方で、期日前投票所や当日の投票所の開設時間に投票することができない場合(長期の仕事や旅行などで海陽町以外の市区町村に滞在している方)は、滞在先の市区町村選挙管理委員会の指定する場所で投票を行うことができます。

不在者投票を行う場合、海陽町選挙管理委員会に対して投票用紙等の交付を請求し、あらかじめ投票用紙等の交付を受ける必要があります。

郵送に日数を要する場合がありますので、不在者投票を希望される方は余裕を持って海陽町選挙管理委員会事務局へ投票用紙等の請求してください。

 

≪手順≫

1.不在者投票請求書兼宣誓書に必要事項を自筆で記入の上、郵送または直接持参により海陽町選挙管理委員会あてに提出してください。※ファクシミリ・電子メールによる提出は受付できません。

〈宛先〉〒775-0295 徳島県海部郡海陽町大里字上中須128番地

              海陽町選挙管理委員会 宛て

 

 投票用紙及び不在者投票用封筒の請求書兼宣誓書[PDF:113KB]

 投票用紙及び不在者投票用封筒の請求書兼宣誓書(記載例)[PDF:170KB]

 

 

2.請求後に町選挙管理委員会より、「投票用紙、不在者投票用封筒(内封筒、外封筒)、不在者投票証明書」が滞在先へ郵送されますので、受け取った封筒を開封せずに滞在先の選挙管理委員会へ行き、投票を行ってください。

事前に、不在者投票証明書を開封したり、投票用紙に記入すると無効になってしまいます。必ず選挙管理委員会の指示に従って投票を行ってください。

 

3.不在者投票ができる時間は、滞在地の選挙管理委員会の執務時間内(通常は、平日の午前8時30分から午後5時15分まで)となります。必ず事前に滞在地の選挙管理委員会にお問い合わせください。

 

【指定病院等での不在者投票】

徳島県選挙管理委員会が指定した病院や老人ホーム等に入院・入所されている方で、投票日当日に投票に行けない人は、指定された病院や老人ホーム等で不在者投票ができます。この場合には、選挙人自らが不在者投票の請求を行うこともできますが、当該施設の不在者投票管理者(指定施設長等)が一括して不在者投票の請求手続きを行うことが一般的となっておりますので、まずは病院又は、施設でご確認ください。

 

【郵便等による不在者投票】

身体障害者手帳、戦傷病者手帳、介護保険被保険者証をお持ちの方で、障害や要介護度の程度が定められた等級に該当される方は、自宅等で郵便等で不在者投票ができます。郵便等による不在者投票で投票を行うには、あらかじめ「郵便等投票証明書」の交付が必要となりますので、余裕を持って申請してください。郵便等による不在者投票の投票用紙等の請求期限は、7月6日(水)です。詳しくは、海陽町選挙管理委員会へお問い合わせください。

郵便等による不在者投票(リーフレット)[PDF:740KB]

 

【特定患者等の特例郵便等投票】

新型コロナウイルス感染症により宿泊・自宅療養等をしている方で、一定の要件に該当する方は、郵便で投票できるようになりました。

詳しくは下記リンクからご確認ください。

 

特定患者等の特例郵便等投票について

 

 

在外選挙制度について

 

国外に居住する⽇本国⺠に選挙権⾏使の機会を保証するための制度です。在外選挙を⾏うには、在外選挙⼈名簿に登録し、在外選挙⼈証の交付を受けなければなりません。

 

選挙公報の配布

 

選挙公報は、7⽉8⽇(金)までに各世帯に配布します。届かない場合は、町選挙管理委員会までご連絡ください。

 

 

 

 

 

海陽町選挙管理委員会事務局

〒775-0295 徳島県海部郡海陽町大里字上中須128番地

電話:0884-73-4152

ファックス:0884-73-3097

関連ワード

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード