日本習字海部支部『臨書展』

公開日 2019年11月10日

更新日 2019年11月10日

【展示期間】
11月1日(金)~11月27日(水)
 
【展示場所】
海陽町立博物館 町民ギャラリー
 
【日本習字海部支部よりコメントよりコメント】
日本習字海部支部では、臨書を勉強中です。
臨書とは、古典をお手本とし、それを見ながら似せて書くこと。
書道や諸車の基本となる練習方法であり、
臨書をすることによって点画の書き方や作者の書きぶりに触れ、
手本の書風を自分のものとして取り込むことを目的とします。
臨書には、お手本を模倣して書く形臨、お手本の作者の気持ちになって書く意臨、
お手本を記憶した後にお手本を見ないで書く背臨の三種類あり、
臨書はテクニックを学んだり、独自の書風を身につけるために大切だそうです。
素晴らしい『書』の隠された味わいを鑑賞してください。。
 
※町民ギャラリーの観覧は無料です。
 
【問合せ先】
海陽町立博物館 電話:73-4080
 
 
 
☆博物館の町民ギャラリーでは平成31年4月より、企画展等で使用していない間、
プロアマ問わず作品展を行えます。
作品展を企画されている方は、どなたでもお気軽に博物館までお問い合わせ下さい。
ただし、ご自分で搬入・搬出、展示ができる方が対象です。博物館は場所のみの提供となります。