令和元年度 古文書の読み方講座開催について

公開日 2019年12月28日

更新日 2019年12月28日

令和元年度も古文書の読み方講座を開催いたします。
中世文書や近世文書の読み方とともに、背景にある郷土の歴史も学べます。
初めての方も大歓迎です。是非、お越しください。
 
【受講料】無料
【定 員】40名
【場 所】阿波海南文化村 大会議室
 
<講座日程>
第1回 令和2年1月25日(土)午後1時30分~午後3時00分
【講師】海陽町文化財保護審議会委員 戸田眞理子 氏
【題目】「家出人の郡中触廻状(写)を読む」
 
第2回 令和2年2月8日(土)午後1時30分~午後3時00分
【講師】徳島県立文書舘 課長 金原祐樹 氏
【題目】「海部取調録(岩村家文書)を読む」
 
第3回 令和2年2月22日(土)午後1時30分~午後3時00分
【講師】徳島県立文書舘 館長 徳野隆 氏
【題目】「阿波の民衆が見た幕末・維新の激動」
 
第4回 令和2年3月14日(土)午後1時30分~午後3時00分
【講師】海陽町立博物館 館長 山下知之
【題目】「戦国時代の文書を読む」

R1古文書の読み方講座[PDF:1.14MB]

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード