平成30年度 古文書の読み方講座のご案内

公開日 2019年01月12日

更新日 2019年01月12日

H30年度古文書の読み方講座[PDF:803KB]

今年も「古文書の読み方講座」を行います。 古文書の読み方だけでなく郷土の歴史も感じていただけます。
古文書に興味のある方はもちろんのこと、
古文書が分からない方も大歓迎。講師先生方がやさしく解説いたします。

【対 象】一般向け 初めての方大歓迎!
【受講料】無料
【定員】40名
☆申込の必要はありません。当日会場へお越しください。


【日 程】
 第1回目 平成31年2月2日(土)13:30~15:30
(講師)徳島県立文書舘 館長 徳野 隆 氏
表題「阿波に残された赤穂浪士打ち入り関係資料」 
 
第2回目 平成31年2月9日(土)13:30~15:30
(講師)徳島県立文書舘 課長補佐 金原 祐樹 氏
表題「満石家文書に見る藩有林(御林)の管理」 
 
第3回目 平成31年2月23日(土)13:30~15:30
(講師)前徳島県立文書舘館長 山下 知之 氏
表題「中世文書を読む」

 

【問合先】
海陽町立博物館
電話:73-4080
住所:海陽町字杉谷73
休館日:月曜(祝日の場合その翌日)

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード