海陽町老朽住宅解体費支援事業(令和3~7年度実施)

公開日 2021年05月19日

海陽町老朽住宅解体費支援事業の受付を再開します(令和3年度からの継続事業)

 

老朽化した空き家の取り壊し、撤去の補助金について

 

どんな事業なの?

住宅の所有者等が老朽化・廃屋化した(空き家)を解体するとき、その費用の一部を助成します。
(現在居住している住宅、倉庫、車庫等は対象外です)

 

 

どんな家が助成の対象になるの?

海陽町内の空き家になって概ね1年以上放置されたままとなっている住宅です。倉庫、車庫等は対象外です。具体的には、構造の腐朽、不良度及び耐震性をチェックし、その評点が補助の対象点(100点)以上となる住宅が対象となります。
※徳島県に登録されている空き家判定士に住宅の外観、内部を見て判定していただきます。
 

 

 

いくら助成があるの?

解体費90万円まではその額の2/3(限度60万円)が助成金です。
それ以上は個人負担となります。

 

例1)解体費60万円の場合(個人20万円 助成金40万円)
例2)解体費120万円の場合(個人60万円 助成金60万円)

 

 

いつから受付ですか?

令和3年10月31日~令和7年10月31日まで
(事前の受付はできません)

 

施工業者についての規定がありますか?

海陽町建設工事指名登録業者(現在17社)に工事を発注していただきます。

海陽町内建設業者リスト [PDF:42.4KB]

 

 

補助金を受けられる方は

ア 廃屋の所有者
イ その他町長がアに掲げる者と同等と認める者
ウ ア又はイの町税滞納の無い方

 

 

 

申請される方は1,2,3番の記入お願いいたします。※家屋所有者が異なる場合は4,5番も記入

01_老朽住宅解体支援事業 申請書[PDF:74.4KB]

02_老朽住宅解体支援事業 建物概要書[PDF:76.1KB]

03_老朽住宅解体支援事業 空き家判定申込書[PDF:75.6KB]

04_老朽住宅解体支援事業 確約書[PDF:70KB]

05_老朽住宅解体支援事業 委任状[PDF:64.8KB]

06_老朽住宅解体支援事業 申請書等記入例[PDF:266KB]

※補助金交付申請の書類等、詳しくは役場建設課までお問い合わせください。

お問い合わせ

海陽町役場 建設課
TEL:0884-73-4159

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード