ふるさと納税とは

 

ふるさと納税(寄附金)制度とは、ふるさとに対し貢献または応援したいという方々の思いを実現するという観点から、地方公共団体に対する寄附金制度を見直し、寄附金の一部を所得税と合わせて控除しようとするものです。

また、寄附先は出身地に限らず、全都道府県・市町村から自由に選ぶことができ、「ふるさとへの恩返し」という面と「好きな町を応援する」という両面を持っています。

 

海陽町ふるさとづくり寄附金(1MB)

 

人が出会い 自然と交わる ふれあいのまちづくりへの寄附について

日本の滝百選に選ばれた『轟の滝』を源流に持つ『清流海部川』の沖積作用によってつくられた郡内一の平野部と、その源となる剣山南面の山間部とリアス式海岸に富んだ海蝕台地からなる素晴らしい自然環境を次世代に引き継ぐと共に、ふるさとの人々が活き活きと暮らすことのできる安心安全な社会を実現するため、ふるさとへの思いや海陽町のまちづくりへの共感を持つ方々が、地域づくりへの参加ができるよう寄附金による基金を設置し、その寄附金を財源として、寄附者の社会的投資を具体化することにより、多様な方々の参加による個性あふれるふるさとづくりに資することを目的として『海陽町ふるさとづくり寄附基金条例』を制定しました。

 

海陽町ふるさとづくり寄附基金条例(92KB)

海陽町ふるさとづくり寄附基金条例施行規則(93KB)

 

 

漁火の森公園水床湾轟の滝